MENU

 ユーザーが多いから優しいパパを探せると思っていたのですが、ツイートしたら非道い結果に終わってしまったのです。
パパ活なんて初めてやってみたものだから、右も左も分らないでツイッターで相手探しが可能だと思ってしまっていたのです。
セックスなしのパパを探しているとタイムラインに乗せてみたのですが、確かに反響っていうのはあるんですよね。
でも私の求めているものとはまったく違っていて、援交の申し込みばかりでした。
ラブホテルに入ってエッチしたら2万円だすとか、エロい写メ交換したいなんて言うのまであるんです。
私はツイートでそんなことまったく言っていないのに、欲求不満だったら通話しながらオナニーをしようなんて言うのまでありました。
いくら何でもふざけすぎって感じっ頭に来てしまったのです。
簡単にお金を稼ぐ方法として、パパを探そうと思っていたのですが、いくら使っても大人の関係を目的とするものしかやってこなかったのです。
このままじゃあパパ探しは、失敗に終わってしまうなあって感じで焦りまで感じてしまっていました。
そんな状況の頃だったんだけど、同じ女子大生がパパ探しに成功してそのことをツイートしているの発見してしまいました。
この女の子に聞けばなにかアドバイスでもして貰えるかもしれない、そんな期待からフォローして話し掛けてみたのでした。
女子大生の方も快く話しをしてくれて、いろいろと教えてもらうことになっていったのですが、匿名性の高い完全無料のツールはあまり出会いには向いていないと言われてしまったのです。
匿名性というのはある意味、ネットの最悪の部分だなんて言われてしまいました。
顔が見えないから簡単に体を求める発言ができてしまうんですよね。
言われてみれば確かにそうだって感じでした。